もっと見る

今後は Variable Fonts で font-weight とかイタリックの傾き具合とかも調整することになるかも。

line-height は 4px を最小単位にする。

コンポーネントのスペーシングを 8px を単位にしたスケールを定義する。この際にただの倍数にしてしまうと大きいところで差がわかりにくくなるのでフィボナッチ数列をかけ合わせる。

等比数列にもとづくスケール
16px * 1.25^n

調和数列にもとづくスケール
16px * 8 / n

Web の文字サイズを等比数列のモジュラースケールにすると特に必要なスケール(例: 16px)にあまり対応する文字サイズが入ってない。調和数列のほうが合うのではないか。

モデュロール

人体の比率や黄金比などを元にして決めるやりかた。

モジュラースケール

一連の調和した比率
文字サイズの他様々な寸法に適用

音階のようなものでメモリが一定ではなく、寸法が均一ではない物差し。

音楽と数学からアプローチするタイポグラフィ。

Brotli って WOFF2 のために作られたのか。知らなかった。

ウェブフォントは配信サービスを使うのが安全。ウェブフォントとして使う場合は「フォントの改変」「再配布」の許可が必要。

ウェブフォントがユーザーに提供できること。

可動性の向上。
ディスレクシアや弱視などの障害を持つ人にとっては読みやすいフォントを選択する。

ユーザートラッキング系や DOM よりも下層の window を使ったものみたいな場合は async が向いている。

UI 操作系は defer 一択。

async と defer の選択はケースバイケース。async は途中で HTML のパースを阻害する可能性があるし、defer は多くなると DOMContentLoaded の直前が重くなる。

defer は DOMContentLoaded の直前なのね。厳密には知らなかった。

PieceTable が単なるリストだと検索が遅くなってしまうので。赤黒木を使う。

StringBuffer と PieceTable でテキストを表現する。削除時には StringBuffer を触らずに PieceTable のインデックスを操作するだけでいい。

ファイル名が pieceTree, rbTree って書いてあるからファイルを見る前に把握した。

もっと見る
Kimamass Social

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。